サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

招夏の運営するホームページ

  • エメラルド☆ファンタジア

招夏のオリジナル小説&童話

  • エメラルド☆ファンタジア 作品ページへ

絵本の森

イラスト

  • 烈火剣 石摺り
    なんだかイラストを描き始めた招夏です 覗いてやってください(^^ゞ

フーカフカ~

  • クリスマスですよ~♪
    招夏んちのウサギばかりのアルバムです。 暇つぶしにどうぞ(^^ゞ 名 前:フーカ 性 別:♂ 種 類:ホーランドロップ 誕生日:21.April.2009 出生地:静岡 性 格:やんちゃ、俺様

惑星ハルシリーズ(植物集)

  • シオン
    惑星ハルシリーズ「宙の船 流転の岸」「海の宝玉 蒼穹の欠片」「光の砂漠 闇の迷宮」に登場する人物の名前の由来となった植物群を集めています。

Twitter

  • 招夏の独り言
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月23日 (月)

「海の宝玉~」常夏の島ハル共和国の光と闇(4)UPしました

招夏が住んでいる関東の東京近郊は、朝からずうっと雨でうっとおしい日です。しかも、風邪の治りかけで、元気いっぱいの息子が家にいるので、さらにうっとおしい。明日こそは学校に行ってもらわなくっちゃgawk

さて、タイトルのとおり、第二話(4)までお話は進んでおります。この先、ちょっと納得のいっていない箇所があるので、集中して読みなおしたいところなのですが…なかなか一人の時間がとれなくて、少しイライラ気味です。

家事の隙間を利用して推敲していると、後ろから忍び寄り、文章を朗読する人とかいて…「読むなっ!私の前で!」読むのならば、招夏がいない時に読んで欲しいのです。常日頃、そう言ってるのに、明らかに嫌がらせだぁ。ムカムカ

ところで、「小説家になろう」さまのサイトで小説を書いていると、文の最後に広告が入るようになっています。広告の最後にはads by Googleの文字が入っていて、その小説の中のどれかの言葉に引っかかった広告が自動で出るようになっているらしいのです。

招夏はこれが割と好きです。小説の中の主人公などが、延々と時間を費やして、自分のこの苦しい恋心をどうしたらよいのか、もてあましているような切ないお話を読んだ後に、「5分で彼女を洗脳する方法 ads by Google」とか書かれていると、ぶぶっと吹き出してしまいます。

招夏の小説「宙の船~」で、子供と生き別れてしまっていた話を書いたら、「水子供養は○×寺で ads by Google」とでた時には苦笑してしまいましたが…

ちなみに、おマメちゃんシリーズでは、まるっきり豆の広告しか出ないみたいです。コーヒー豆とか、色々な豆のまとめ買いとか・・・(広告は時間経過とともに変わることがあるみたいなので、違うのも出てるかもしれません)

是非、小説とともに、広告も楽しんでみてくださいませ(*^_^*)(小説は左のリンクをぽちっと押して読んでくださいね)

2009年2月20日 (金)

受精卵にも謝ってほしいです

香川の病院の事件はとても悲しい事件ですね。

招夏は大学の法学の授業で、いつから人として扱われるのかという講義を受けたことを思い出しました。おぎゃーと生まれた瞬間から人として扱われるのだという内容でした。でも、それは人が決めたルールです。

招夏は二人の子供を産んだ後、思います。おなかの中にいる時から、もう人なのだと。心臓の拍動が超音波で確認できたところで、この妊娠は継続可能かどうかという判断がつくのだそうです。親指大まで育てば、拍動のみならず、背骨も腕も確認できるのです。生きて…いるのです。

今回の受精卵はそこまで経過していなかったのかもしれません、でも・・・人として生まれる可能性があったわけです。勝手に発生させられて、しかも親を間違われて、本来の親の知らぬところで握りつぶされた命に…招夏は…心からの悲しみを覚えます。

間違われて着床されて、中絶して、体を傷つけられた方もお気の毒だと思います。でも、一番の被害者は握りつぶされた命ではないですか?受精卵にも謝ってほしいと思います。そしてもう二度とこのようなことが起こらないことを願います。命を扱っているのだという自覚をもって医療行為を行ってほしいと思います。

2009年2月17日 (火)

海の宝玉~第二話常夏の島ハル共和国の光と闇(1)UPしました

今日は格別に寒いですねweep冬ショーグンの到来だとか・・・今頃?って気がするのは招夏だけですかね。いつもならクリスマスぐらいによく聞くような気がするんだけど・・・温暖化ってやつでしょうか?

「海の宝玉 蒼穹の欠片」第二話に入りました。こんな寒くちゃ、現実生活でも常夏の島に行きたくなりますよねconfidentいいなー、瑞樹。(って、遊びに行くわけじゃないんですけど?しかも、お話の中のことだし~by瑞樹

20090208_p1010428 春よこい~

そ、言えば、ニシキギを見つけたんですよ。ご近所の玄関先に植わってました。落葉樹なので今は葉っぱもなく、枯れ木のようなんですがね、ちょっと変わったやつで、幹にコルク質の矢羽のようなものがついているんですよ。でも人んちだし~勝手に写真とるのもなー。

ちょっと遠くの園芸店に売れずにあるのも知ってるから、それを撮りに行けばいいのかもしれないんだけど、こんなに近くにあるしな~。葉っぱが出るころに、交渉できたら写真載せますね。しかし、そこらの公園にでも生えてればいいものを…難儀なやつやなー(失礼なやつだなーbyニシキギ

もっとも一番難儀なやつはヒュウガミズキかもしれません。園芸書によると、本州の福井県から京都府、兵庫県にかけてのみ分布するトサミズキ属の落葉低木ですとのこと。つまり、日向瑞樹の実家を関東にするとお話に無理が生じる訳で…でも、適地は東北以南の日なた、半日陰って書いてあるんだから、関東でも問題はないよねぇcoldsweats01 (さあね~byカナメ)

2009年2月12日 (木)

小田原と箱根に行ってきました(2)

今日は風が強いものの、お天気も良く、洗濯日和ですねー(^o^)

さて、前回の続きです。

箱根には何度か行ったことがあるのですが、ほとんどが日帰りでした。(ここまで書いてなんか悲しくなってきたな(・_・;))

行ったことがあるのは「かっぱ温泉」「ひめしゃらの湯」そして今回行った「北条早雲足洗いの湯和泉」です。全部日帰りで利用できます。

箱根の湯をインターネットで調べると、泉質が幾種類か混在していることが分かります。例えば、湯本温泉はアルカリ単純泉、宮ノ下、大平台は弱塩泉、堂ヶ島、底倉、小涌谷は強塩泉、強羅(ごうら)は単純泉、強塩泉、石膏硫化水素泉、硫酸塩泉、芦ノ湖温泉は単純硫黄泉・・・というように、ない種類はないという感じです。一体、どういった地層なんでしょうねぇcoldsweats01

今回行った「北条早雲足洗いの湯和泉」は箱根湯本にあります。つまり単純泉なはずなのですが、ここは七つの源泉をブレンドした温泉施設になっています。

趣の異なった「早雲の湯」と「権現の湯」があって、男女が日替わりで入れ替わることになっています。

ここで、一つ招夏はお願いしたい・・・・「早雲の湯」を週末の土曜か日曜かどちらかを女性用にしてほしー。「早雲の湯」に入りたかったよぅcrying

だって、だってね、洞窟風呂があるんだよ?打たせ湯があるんだよ?七つの温泉をブレンドしてるところが見れるんだよ?「権現の湯」にはないじゃんweep

お湯はとても良かったのよ?気持ちよーく出てきたのに、ダンナと息子の説明聞いて、それまでの満足感がふっとんじゃったもんね。

しかも、女性は土曜に来ても日曜に来ても「早雲の湯」には入れないらしいと聞いた時のこの無力感・・・。

20090208_p1010439 お店入ってすぐのところに、かつて掘っていたという横穴式源泉跡があります。ここのお湯はもう出てないんだそうです

温泉の後は湯本で有名だという「はつはな」というお蕎麦屋さんでお蕎麦をいただきました。蕎麦がとっても細いのですが、コシがあって美味。せいろを頼むとうずら卵入りのとろろがついてきます。蕎麦湯ももらえます。招夏は冷やし狸を頼んだのですが、天かすだけでなく、カボチャと蒲鉾の天ぷらと山菜もついてましたhappy01

最後に大涌谷に行きました。大涌谷に行くまでは車激こみです。

20090208_p1010441 大涌谷名物「黒たまご」です。

一つで七年寿命が延びるとか・・・

20090208_p1010442_2 むいたら、ただのゆで卵になっちゃいますけどねcoldsweats01

20090208_p1010443 大涌谷では、地面のあちこちから湯気(噴煙?)が上がってます

この辺りには、長く立ち止まることはやめてくださいと注意書きがありました。確かに濃く立ち込めた硫黄の匂いが・・・やばいcoldsweats02

Mtfuji この日は天気が良く、大涌谷の駐車場から富士山がとてもきれいに見えました。

日帰りでもかなり遊べるでしょ?関東地域の方なら楽しめますよ~小田原、箱根。おススメです(*^_^*)

おっと、コマーシャル、コマーシャル。本日「海の宝玉~」第一話(7)をUPしました。左のリンクをぽちっと押して、読んでみてくださいませ~。できれはアルファポリスさまのランキングの投票もお願いしまーす(^o^)丿

2009年2月 9日 (月)

小田原と箱根に行ってきました(1)

今日は寒くて天気も悪いですね~sad

先週末、小田原と箱根に行ってきました。そう聞くと、温泉旅館で宿泊?と思われるかもしれませんが、日帰りです(^-^;それでも結構遊べるもんです。

今回の目的は小田原城と箱根の温泉です。小田原城は以前行ったことがあったのですが、最近天下統一のシミュレーションゲームを始めた息子が興味を持ったらしく、行きたいと言い出したのです。

小田原城はご存じのとおり、北条早雲の城。展示物もなかなか興味深いものがたくさんありました。五代まで続いた北条家代々の城主の絵が掛けられていて、早雲さんの肖像画を見ると、なかなか個性的で頑固そうなお方のように見受けられます。

さすが、初代はちょっと違うなぁと関心したり、刀や脇差などの刃物を展示してあるフロアでは、この刀で切られた人とかいるのかなぁと怖くなったり、最上階の展望台にある「秀吉が築いた一夜城はこっち」と方角が示してあって、ここから一夜城を見て北条さんたちは大慌てしたんだろうかと思ったり、なかなか見ごたえがありました。

それでも・・・そんな小田原城の中で一番印象に残ったもの、否、残させられたもの・・・それは象です。そう、あのパオーの象さんです。

行った方はご存じでしょうが、小田原城の庭には象がいます。他にもサルとかヤギとかの小屋もあるのですが、何といっても庭のど真ん中にある象の小屋は圧巻です。そして、その象は、招夏が見たどの象とも違っていました。

怒りっぽいのですcoldsweats02前回来た時は夏の暑い日で、その日もその象は怒りまくっていました。観客を蹴散らすように鼻から水を撒き散らしていたのです。

その象は今回もちゃーんといました。寒い朝、朝ごはんを食べているようでした。今回は特に怒ってはいないようです。招夏は写真を撮ろうと柵越しにシャッターを押しました。もちろん脅かしてはいけないので、フラッシュが発光しないようにしたんですよ(゚ー゚; なのに・・・なんか突然近づいてきたと思ったら、招夏に向かって鼻水を飛ばしてきたのですぅ(ρ_;)きゃー

20090208_p1010435_2 なんか怒ってる?

目が・・・怒ってるよねー きゃー

他にもいたんですよ?人・・・写真撮ってる人いたんですよ?散歩中の犬なんて、象見て、わんわん吠えてたんですよ?なのになんで招夏だけ鼻水かけられるの?うわーんshock

隣にいた娘は危険を察知してすぐに逃げたと得意げに語り、それを聞いた息子に「お母さんマグロだね」とか言われる始末。「マグロってなによー」と訊いたら「トロい」ということだとか。むかむかangry

20090208_p1010426 20090208_p1010425 20090208_p1010436

左から、お堀に架かる学び橋、お堀の鯉、お城です

次回は箱根のことを書きたいと思います。

ああ、象のことで怒りのあまり忘れるところだった。「海の宝玉 蒼穹の欠片」 第一話 秋にやってきたハルの使者(6)を本日UPしました。よろしくお願い致しますぅ(o^-^o) (ヤレヤレ┐(´д`)┌ byカナメ)

2009年2月 4日 (水)

宙の船~の番外編をUPしてみました

文章として招夏が一番苦手とするもの、それはコメディーです。外国のジョーク集などを読んでいると、よく日本人のユーモアのなさがジョークにされているようですが、それが本当ならば、もう正真正銘、招夏は典型的な日本人ということなのでしょうcoldsweats01

テレビ番組で「秘密の県民ショー」だったかな?そういうタイトルの番組を見ていると、子供時代を大阪で過ごせたら良かったなとよく思います。だって、幼稚園児までが、ボケとツッコミをしてるんだもの。あんな笑いのセンスをタダで身につけられるというのは素晴らしいことだなと思います。(タダでというところが主婦っぽい?)

で、身の程知らずにも、その苦手な分野のお話を作ってみました。宙の船~の番外編としてなのですが、海の宝玉~の伏線(少しだけね)になっています・・・そのハズです。書いている時は、面白いと思いつつ描いたはずなのですが、何度も読み返して推敲しているうちに、なんだか、面白いんだか面白くないんだが分からなくなってしまいましたbearing

ちなみに、ニシキギが立ち寄った(立ち寄らされただ!byニシキギ)ぬいぐるみ屋は日本各地に店舗を展開している実際のお店をモデルにさせていただきました。招夏のうちにも、ここのお店のぬいぐるみが何体かあります。あのふわふわ感…たまりませんlovelyGouran0010003

色鉛筆で描いてみました。ちょっと頭でっかちでバランスが悪くなっちまいました。やっぱり、絵は苦手coldsweats01

ちゃんとタキシードを持っているクマ君なのです。あは。

てな、わけで(どんなわけだ?)、宙の船~を是非読んでみてくださいませ。こんなのちっとも面白くなかった!と思った方、割と面白かった!と思われた方、コメントいただけると幸いです。 

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

いただきもの

  • 交叉軌道
    こちらには、いただいた素敵なイラストを置いてあります~

御世話になっているサイト

  • ネット小説情報局さま
  • 小説の匣さま
  • アルファポリスさま
  • 小説家になろう 様

参加・協賛サイト

  • オンライン文化祭2010
  • 「小説家になろう」公式企画
  • 犬祭
  • 空想科学祭2010
    空想科学祭2010
  • 第2回恋愛ファンタジーコンテスト
  • 第2回茶林杯1000文字コンテスト
  • 空想科学祭2009
    空想科学祭2009
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30