サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

招夏の運営するホームページ

  • エメラルド☆ファンタジア

招夏のオリジナル小説&童話

  • エメラルド☆ファンタジア 作品ページへ

絵本の森

イラスト

  • 烈火剣 石摺り
    なんだかイラストを描き始めた招夏です 覗いてやってください(^^ゞ

フーカフカ~

  • クリスマスですよ~♪
    招夏んちのウサギばかりのアルバムです。 暇つぶしにどうぞ(^^ゞ 名 前:フーカ 性 別:♂ 種 類:ホーランドロップ 誕生日:21.April.2009 出生地:静岡 性 格:やんちゃ、俺様

惑星ハルシリーズ(植物集)

  • シオン
    惑星ハルシリーズ「宙の船 流転の岸」「海の宝玉 蒼穹の欠片」「光の砂漠 闇の迷宮」に登場する人物の名前の由来となった植物群を集めています。

Twitter

  • 招夏の独り言
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

「海の宝玉~」第十二話 時空の狭間で(1)UPしました

「海の宝玉 蒼穹の欠片」第十二話 時空の狭間で(1)UPしました~。左のリンクをぽちっと押して読んでみてくださいませ~(*^_^*)

髪を切りに行かなくては…と思いつつ一月ほどが経っています。髪の毛は伸び放題のボサボサ…むむむ。うっとおしいことこの上ないのですが…招夏は髪を切りに行くのが苦手ですpig

なんで苦手なのか…考えてみました。ああ、考えるまでもありませんでした。つまり、面倒くさいのです。以下面倒くさいこと

一、美容室に予約を入れること

二、美容室まで行くこと

三、カット、カラーリング等の注文をすること

四、美容室の人と世間話をすること

五、終わるまで身体的に拘束されること(かなり長時間)

六、サービスの肩マッサージが背中に及ぶところ(くすぐったくてビクビクしちゃうので…)

七、終わってからの疲労感

ああ、考えただけで疲労感が…って、そんなこと考えてる間に予約しろよ~gawk

20090629_p1010892 セージ・グァラニチカです。

青紫色の花が魅力的で庭に植えたら、ものすごく繁殖しました。もう手がつけられませんcoldsweats01これの後ろに紫陽花があったはずなのですが…見当たりません。陰でひっそり花をつけている様子(涙)

2009年6月25日 (木)

「海の宝玉~」第十一話 トラップの発動(2)UPしました

「海の宝玉 蒼穹の欠片」第十一話 トラップの発動(2)UPしました。左のリンクをぽちっと押して読んでみてくださいませ~<m(__)m>

次話は、第十二話 時空の狭間で、というタイトルなのですが、招夏的にはこの章が一番描きたかったところなのです。ってゆーか、これを描きたかったために「海の宝玉~」を作ったと言えるかもしれません。イメージとして、招夏の脳内で流れている曲が、谷山浩子さんの「海の時間」です。とっても壮大で綺麗な曲です。(ちと、マイナーなので知ってる人は少ないだろーなーcoldsweats01)

しかし…「時空の狭間」どっかのゲームで聞いたことがあるような…でも、あれは「狭間の世界」だったよねっ!

20090624_p1010887 今日のフーカ

これトイレなんですけど…coldsweats01掃除したてのトイレを乾かしていると、いつもやってきて顎をスリスリして匂い付けをするフーカなのですが、この日はトイレラブheart04が高じてこうなってしまったらしい。おーい、いつまで寝てるんだ?

20090624_p1010889 シンメトリーなフーカ

背中の白い模様だけでなく、しっぽの付け根にも白い左右対称の模様があることに気付きました。そういえば、目の下と前足の外側にも左右対称の丸い茶毛があるんですよ。うーん、シンメトリー・フーカ

2009年6月24日 (水)

房総のむら

先週末、娘と二人で「房総のむら」へ行ってきました。お出かけする時は大抵家族そろってというのが招夏んちなのですが、息子が市のナンタラカンタラ協議会の主催するツアーに申し込んだら当選し、一人旅をする日だったので、娘を慰める為に企画した二人旅です。(娘も応募したがハズレたのだったcoldsweats01)

「房総のむら」は千葉県印旛郡にあります。常磐線で我孫子まで行き、成田線に乗り換えて安食駅へ、そこからバスで房総のむらまで行きます。しかし…なんと交通の便の悪いところなのか…。なんたって…成田線、単線なんですよーwobbly安食駅に着くまでに二回も待ち合わせしたし、のぼりのダイヤが乱れてたので、当然くだりも乱れるし、なのに安食からのバスは待っててくれなくて、次のバスはほぼ一時間待ちだし…。(仕方なくタクシー乗ったら1200円くらいかかっちゃった)トホホな気分で房総のむらまでたどり着きましたですよ。

しかしっ!しかしですよ、房総のむら、楽しかったんですhappy02もともとモノ作りが大好きな招夏んちの人々…にはうってつけの場所だったんです。(入場料は大人のみ300円です。おお、リーズナブル!)

20090620_bousoh1 町並みは江戸の町

一膳飯屋の隣には蕎麦屋、その奥には小間物屋、呉服屋など江戸情緒あふれる街並みが軒を連ねています。

20090620_bosoh3 酒屋の軒先には杉玉がつりさげられていました。しかし、ここは酒屋であると同時に燃料屋でもあるのです。千代紙ろうそくを作れるという看板があがっています。

娘が千代紙ろうそく作りました。

20090620_bosoh4 千代紙の模様をハサミで切り取って木工用ボンドで貼り付けます。おわったら、溶かしたロウにタップンと浸すと、千代紙の上にロウがコーティングされるというわけ。(ロウは小鍋の中で90度程で溶かされています。それ以上高くすると、浸ける側のロウソクを溶かしてしまうんだそうです)

色々な種類の千代紙の中から一枚を選んで、切り取って貼り付けます。一回300円

外国人のツアー客がたくさん挑戦していました。お店の人も心得たもので、英語でペラペラと説明。うーむ、プロフェッショナルconfident

20090620_bosoh6 張り子のウサギの模様づけもしました。こちらは一回500円。これのほかに、お面も選べます。もちろんピカチュウとかはないですよcoldsweats01ウサギとか狐とか古典ものです。

小さな張り子の猫は一回300円でできます。

ここで、昼休み。一膳飯屋のどんぶりを食べたかったのですが、休みなのか開店する気配がありません。しかたなく、隣の蕎麦屋へ。ざる蕎麦とお稲荷さんをパクパク。この町は昼休みをとるらしく、食べ終わっていざ次の店へと思ったら、どの店もガランとしています。仕方なく、その辺をぷらぷら。

ここは風土記の丘エリアと言う場所があって、そこでは土器を作ったり、勾玉を作ったりするコーナーがあるのです。(残念ながら、その日は風土記エリアで参加できる体験イベントがなかったので、展示物を見るだけにとどまりました)

街から風土記エリアまでは雑木林の中を通ります。ちょっとした森林浴です。花が咲いていました。

20090620_bosoh8 オカトラノオ(以下、看板に書いてありました)

6月頃、白い小さな花を尾上につける、多年草。雑木林の下に群生します。白い花が咲くと、ヒョウモンチョウなどの蝶が集まります。

20090620_bosoh7 風土記エリアから戻ってくると、昼休みが終わったらしく、団子屋が店開きしていたので、早速購入。アンコが甘すぎず、マメの味がふんわりしてとても美味でした。(ゼンマイ侍のお団子剣みたいdelicious)

色々な手作り体験ができる場所なのですが(簡単なものは、その場で申し込める)、予約が必要なものもあり、イベントカレンダーを確認して予約をしてから行くことをお勧めします。房総のむらのイベントカレンダーはこちらからhttp://www.chiba-muse.or.jp/MURA/21taiken/taiken-index.htm

招夏たちは、瀬戸物屋の「てびねり」を予約していました。この後、「てびねり」で陶器の器を作ったのですが…ひじょーに疲れた体験でした。

粘土の色を選んで、ロクロの上で、土台を作り、棒状に伸ばした粘土を輪にして積み重ね器を作っていくのです。高さを出すために何度も積み重ね、隙間ができないように指で慣らしていきます。作品を提出して、釉薬を選んで終わりです。実に根気のいる作業でした。出来上がるのは7月末…楽しみだなぁ。(実は息子のツアーも陶芸教室に行こうという企画だったので、同じ時期に手作りの皿が届くらしいcoldsweats01。彼もとても楽しかったとのこと…よかった)

次は、全員一緒に「房総のむら」へ行ってみたいと思う招夏なのです。

2009年6月22日 (月)

「海の宝玉~」第十一話 トラップの発動(1)UPしました

「海の宝玉 蒼穹の欠片」第十一話 トラップの発動(1)UPしました。左のリンクをぽちっと押して読んでみてくださいませ~(*^_^*)

招夏のブログ「招夏の庭」にサイト内検索を貼りつけてみました。「植物」「動物」で検索すると5件ほど出てきますが、笑っちゃったのはダンナと入れると16件も出てくるところですかね…まぁ、「息子」「娘」でも同じ数が出るので、家族ネタを多用しているということなのでしょう。ちなみに「ウサギ」と入れると5件出ました。(家族より多いなんてことになってなくて良かったcoldsweats01そのうちなるかも…)

20090619_p1010852 今日のフーカ

フーカはペットショップで「ホーランドロップ」と言う名で売られていたウサギです。しかし…びみょーに顔が違うんだよねーcoldsweats01 最近ダンナが掲示板等で集めた情報によると、ホーランドロップは下膨れで丸い顔が特徴なのだそうな。横からだと分かりにくいですが、フーカはスリムな顔をしています。雑種かな~coldsweats01顔の雰囲気だけでいうと、ミニロップという種類に似ています。でもこれはかなり大きな種類で…それだというにはフーカは月齢的に小さいのです。と言うことは…雑種?はははcoldsweats01、まー、いーんです。なんでも。元気ならshine

 だって…

20090619_p1010856 フーカには天使の羽がついてるんだし~(って…ただの飼い主馬鹿じゃんcoldsweats01)

娘は天使の羽じゃなくて、蝶の羽の半分だといいます。(招夏は蝶が苦手なので、これは娘の嫌がらせなのですgawk)

2009年6月18日 (木)

「海の宝玉~」第十話 水の檻を壊す術(4)UPしました

「海の宝玉 蒼穹の欠片」第十話 水の檻を壊す術(4)UPしました(*^_^*)左のリンクをぽちっと押して読んでみてくださいませ~ませ~

 ところで、招夏のダンナはマメな人です…というか、多趣味な人です。週末になると何やらゴソゴソすることをこよなく愛している人…とも言えます。釣りは言うまでもなく、市民農園の手入れ、庭木の手入れ、常備品の管理・買い出し、最近ではウサギの部屋の模様替えと盛りだくさんです。とにかく何かをやった!という達成感が好きなのだそうで…。

 招夏はどちらかというと、一日何もせずにぼーっと過ごせる人なのですが、ダンナはそんなことをしていたら腐ってしまいそうになるのだそうな。ま、人それぞれってやつですよconfident

 お陰で、何かと楽しいし…catface

20090617_p1010846 ダンナ作品(その1) (写真はクリックすると大きくなります)

 ダンナと息子で植えた玉ねぎと紫玉ねぎとジャガイモです。紫玉ねぎの方は大収穫でした。しかもデカイhappy02 市民農園の賃料は年々高くなっていて、今じゃ一年で8000円もかかるのですが、この収穫の楽しみがあるから続けられるんでしょうね~

20090618_p1010848

ダンナ作品(その2)

フーカのケージを模様替えしました。人気がなかった丸木小屋を撤去し、空中ハウスを空中トンネルに接続してもらいました。一階のスペースが広くなり、フーカはケージの中で走り回れるようになりました。丸木小屋は外で(廊下で)遊ぶとき用に使用。今まで見向きもしなかった癖に、無くなると惜しくなるらしく、廊下では、しきりに齧ったり、顎を擦りつけて匂い付けをしている様子。(マッタク、この子は…これ、こっちを向きなさいgawk)

2009年6月15日 (月)

「海の宝玉~」第十話 水の檻を壊す術(3)UPしました

「海の宝玉 蒼穹の欠片」第十話 水の檻を壊す術(3)を本日UPしました。左のリンクをぽちっと押して読んでみてくださいませ~(*^_^*)

ここ数日、我が家のウサギ、フーカの爪が伸びているのが気になっていたのです。フローリングを歩くとカシャカシャ音がするし、抱っこしようとすると爪がチクチク痛いし…爪切りしなくては…とは思っていたのです。

しかし…ウサギとゆーものは、草食獣なだけに体の拘束をとっても嫌う生き物なのだそうで、抱っこはおろか、つま先さえ良く見せてもらえない状態でした。(暴れるので、抱っこしようとするとチクチクするのが尚更良く分かる…とゆーわけなのですcoldsweats01)でも、爪は切らないと中の血管まで伸びてしまって、もはや飼い主には処理できなくなるそうなのです。病院行きです。おお怖いshock

ばっちり裏返してしまえば、動かなくなるとウサギの本に書いてあったので、娘と共同で膝の上で裏返して見ましたよ。本当にびくとも動かなくなったので、よっしゃーとばかりに爪切りを取り出したら、クルンと裏返りから立ち直り、文字通り脱兎の如く逃げ出したのでございますweep後は不信感で固まったフーカは体さえ触らせてくれませんcrying

で、結局プロにお願いしました。鮮やかな手つきで裏返し、爪を切り、爪をやすり、健康診断までしてくれました。これは同一のウサギなのかと言いたくなるくらい、大人しく、まるでぬいぐるみ状態。グルーマーさんは緊張しているから大人しいんですよと言ってくれましたが…。でも1050円…。ネイルサロンなんて、招夏だって行ったことないのにさgawk

次回の爪切りは何としてもやりとげねばpout

20090615_p1010829 息子の靴に寄り添って休憩するフーカ

やけに息子の靴に顎をスリスリして匂い付けしてるなーとは思っていたのですが…休憩用の縄張りにしていたのか?

20090611_p1010826 食いしん坊なフーカは牧草もモリモリ食べます。

今回の爪切りで、男の子であると認定されました。音的には女の子っぽい名前だけど…ま、いっかー、フカフカのフーカだしconfident

2009年6月11日 (木)

「海の宝玉~」第十話 水の檻を壊す術(2)UPしました

「海の宝玉 蒼穹の欠片」第十話 水の檻を壊す術(2)を本日UPしました。左のリンクをぽちっと押して読んでみてくださいませ(*^_^*)

二、三日前にNHKで放映されたクローズアップ現代で、今常用漢字を見直す作業をしているという内容がありました。パソコンや携帯の普及で、日常的に使う漢字が増えているので、それに合わせたいと考えているようです。

招夏は常用漢字を設定することの意義をよく理解していなかったのですが、これを見て納得しました。

その理由というのは、戦前、難解な漢字が新聞などのメディアで乱用された結果、内容がすべての人に伝わらない事態になったことがあるらしいのです。要するに、何を言っておるのかサッパリわからん…という状態になったらしい。(新聞がこれじゃ困るよね)

そこで常用漢字を設定し、それを全国民が読み書きできるように義務教育に取り入れた…ということでした。「へー」と思ったお話だったので、ついネタにしてしまいましたcoldsweats01

招夏はこのクローズアップ現代が結構好きで、良く見ます。今起きていることの背景とか理由とかを分析して、噛み砕いて説明してくれるので面白いのです。理由を知ること…それが好きなのかもしれません。

番組で気づいたことを一つ。作家の井上ひさしさんは字が下手らしいということ。大きなボードに太マジックで「雪」「衣」「青」という字を書いて説明してくれたのですが、隅っこにゴニョゴニョと書いていて、最後に見た時、説明を聞いていない人が見て分かるのは唯一「雪」という文字だけでした。NHKもあんな太いマジックじゃなくて、中細のサインペンを用意してあげればいいのにーと思いましたよ。

そして、井上さんの指摘でショックだったのが、「憮然」という言葉を招夏が間違った意味で使っていたということでした。「憮然」=怒っている、むっとしている。と言う意味で招夏はよく使っていましたが、「憮然」=失望してぼんやりするさま、失望や不満でむなしく、やりきれない思いでいるさま。なのだそうです。shock(どうしよう~訂正しようかなー。でもいっぱい使っているしなー、大変だなーcrying)

うちの息子も字が汚いですが、大丈夫、字が下手でも偉大な作家にだってなれる!と心強く思えた招夏なのです。

20090609_p1010824 今日のフーカ

ケージの中に網網の空中トンネルをダンナが設置してくれました。地上に設置した丸木のトンネルハウスにはほとんど入らないのに、ここではくつろいでいる様子。気に入ったらしい。

20090608_p1010818 探検大好き

あちこち齧らなきゃほっといてもいいんだけど…箱とか袋とか紐とか見ると齧りたくなるらしい。犬みたいに匂いを嗅ぎまわります。うさぎって鼻いいのかなー(耳は良さそうだけど…)

 

2009年6月 8日 (月)

「海の宝玉~」第十話 水の檻を壊す術(1)UPしました

 本日「海の宝玉 蒼穹の欠片」第十話 水の檻を壊す術(1)UPしました。左のリンクをぽちっと押して読んでみてくださいませ~(*^_^*)

 この章から「結」部の「起」って感じです。まだ、もう少し続きます。気長にお付き合いくださいませ。

 先週末、初めて大黒埠頭の海釣り施設に行ってきました。(デジカメ忘れたので映像なし…うう、失敗)

 メッシュの桟橋が張り出していて、かなりな人数を収容できる施設です。まさに東京湾って感じで…うーむ、海水がきれいじゃないなー。房総や伊豆半島などの海と比べてしまうと、悲しいくらい水が濁ってます(苦笑)。烏貝がたくさん打ち上げられていました。ヒトデもかなり打ち上げられているなーと思って見ていたら、でっかいヒトデを釣りあげている人がいました。釣れるんですね、ヒトデ…あれは、釣りあげられて放置されたヒトデなのかもしれません。

 まぁ、海は海なので、開放感はあるし、潮風はそれなりに心地よいのです。coldsweats01

 釣りの方は…さっぱりダメでした。ダンナが釣りあげたキス(17cm)×1匹とイワシ(10cm)×10匹でした。まぁ、うちだけでなく、釣り場全体がそんな感じのようでした。翌朝、全部フライにして食べました。美味しかったです。キスが十匹だったら良かったのに…。

20090601_p1010790 今、我が家の庭ではアカンサス・モリスが見頃です。別名ハアザミ 【用部】根、葉 【用途】民間で止瀉 止血 だそうです。(城西国際大学 薬草園で見た情報) 

また、この植物の葉は、ギリシャ建築コリント様式の柱頭を飾る意匠に用いられたそうです。

20090607_p1010810 今日のフーカ

画像をクリックすると拡大します。

だいぶ慣れてきたのか、こんな感じで無防備に眠ることが増えてきました。枕もとの網はトイレなのですが…フーカはトイレをこよなく愛しているので、よく抱き枕のようにして寝ています。トイレの上で丸くなって寝ていることもある…coldsweats01

2009年6月 4日 (木)

第九話、復讐と破壊と…そして願い(4)UPしました

「海の宝玉 蒼穹の欠片」第九話 復讐と破壊と…そして願い(4)を本日UPしました。左のリンクをぽちっと押して是非読んでみてくださいませ~(*^_^*)

 さて、今日は何を書こう…うーん、何も書くことを思いつかない。そんな時にはコレ!動物頼みだね~。(おいおい byニシキギ

最近我が家にやってきたニューフェース、フーカは元気にしています。

20090604_p1010797 彼は(彼女は?まだ赤ちゃんなのではっきりしないのですcoldsweats01)、牧草をよく食べるやつです。(これはウサギにとっては良いことなのらしい…)

招夏は、ウサギというものはラビットフードと野菜を食べて生きていくのだとばかり思っていました。が、少々違っていました。

ラビットフードは一日二回(朝、夕)、野菜も同様です。後は牧草を常設します。写真でフーカが引っぱり出して食べているのが牧草です。牧草には二種類あって、イネ科とマメ科を1:2の割合で混ぜています。(大人になるとマメ科を減らさないといけないらしい)

そんでもって、ラビットフードと野菜を食べ過ぎて牧草を食べないと、おなかの調子を壊してしまうらしいのです。庭の雑草を食べてもらおう~なんて考えていたのが遠い昔のようです(遠い目think) ま、食べられるものもあるのでしょうが、調査が必要なことと、フーカが大人になるまで待つ必要がありそうです。

牧草は、当然、カラカラに乾いているのですが、何とも言えない清々しい香りがします。ハイジの干し草のベッドはきっとこんな匂いだったんだろうなーといつも思いながら牧草を牧草ボールに詰め詰めする招夏なのです。

20090604_p1010800 上から見たフーカ

子猫なんだか、子犬なんだか、ギズモなんだかって感じです。

え?もちろんウサギですよ~note

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

いただきもの

  • 交叉軌道
    こちらには、いただいた素敵なイラストを置いてあります~

御世話になっているサイト

  • ネット小説情報局さま
  • 小説の匣さま
  • アルファポリスさま
  • 小説家になろう 様

参加・協賛サイト

  • オンライン文化祭2010
  • 「小説家になろう」公式企画
  • 犬祭
  • 空想科学祭2010
    空想科学祭2010
  • 第2回恋愛ファンタジーコンテスト
  • 第2回茶林杯1000文字コンテスト
  • 空想科学祭2009
    空想科学祭2009
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30