サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

招夏の運営するホームページ

  • エメラルド☆ファンタジア

招夏のオリジナル小説&童話

  • エメラルド☆ファンタジア 作品ページへ

絵本の森

イラスト

  • 烈火剣 石摺り
    なんだかイラストを描き始めた招夏です 覗いてやってください(^^ゞ

フーカフカ~

  • クリスマスですよ~♪
    招夏んちのウサギばかりのアルバムです。 暇つぶしにどうぞ(^^ゞ 名 前:フーカ 性 別:♂ 種 類:ホーランドロップ 誕生日:21.April.2009 出生地:静岡 性 格:やんちゃ、俺様

惑星ハルシリーズ(植物集)

  • シオン
    惑星ハルシリーズ「宙の船 流転の岸」「海の宝玉 蒼穹の欠片」「光の砂漠 闇の迷宮」に登場する人物の名前の由来となった植物群を集めています。

Twitter

  • 招夏の独り言
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 四歳になったもんね~ | トップページ | ゴールデンウィーク2013 前半② »

2013年5月 7日 (火)

ゴールデンウィーク2013 前半①

今年のゴールデンウィークは前半三日と後半四日に分かれていましたね。みなさん、どんなGWを過ごしたんでしょうか。うちは特にこれといって大掛かりな旅行はしなかったのですが、いつもどーり、ちょこっとお出かけをしましたので、備忘録として今年も記しておこうと思いますhappy01

まずは前半。文学作品に出てくる場所を巡る「物語散歩」と銘打たれた、とある小さな企画に参加しました。今回の行先は築地・銀座界隈です。
この界隈を舞台に展開する文学作品が数多く紹介されていたのですが、中でも特に記憶に残っているものを書きとめておきますね。
まずは、三島由紀夫の「橋づくし」 このお話は、陰暦8月15日の夜、四人の女性が築地川の七つの橋渡りというまじないを行います。七つの橋を渡りきるまで決して口をきいてはいけないという決まりで、成功すれば願い事が叶うのだそうで、四人が連れだって橋を渡るというお話なのです。出発点は三吉橋、目的地は備前橋なのですが、七つの橋を渡りきる前に、様々な理由で一人ずつ脱落していきます。

20130429_p1830001

これが出発点となった三吉橋です。私たちも物語の女性四人と同じように、旧築地川に沿って進みました。

20130429_p1830003

↑三吉橋は、珍しいYの字型の橋になっており、三叉の二辺を渡ることで、橋を二つ渡ったことになるのです。そう言う理由で、本の中では、この橋が出発点に選ばれたことになっています。

20130429_p1830004_2

↑築地橋です。物語の中では「築地橋は風情のない橋である」と断言されておりまする(^_^;) この橋を渡った後、一人に災難が降りかかります。

20130429_p1830005

↑入船橋です。入船橋の下は多目的広場になっています。かつて高速道路の建設計画があったとかで、不思議な空間になっています。右手奥には柵があって、トンネル中は立ち入り禁止なのかな、と見ていたら、子犬を連れた男性が扉を開けて中へ(・ω・ノ)ノ 中にドッグランでもあるですかね~

20130429_p1830006

↑彼女たちが次に渡った「暁橋」です。この橋が掛っていた川は埋め立てられ、今では公園になっていますが、かつての橋の欄干が一部そのままの姿で保存されています。物語の中では、この橋を渡るときには既に三人になっています。

20130429_p1830007

次に渡ったのが「堺橋」です。この橋もすでにありません。築地川公園の一角にこの橋の親柱が一本だけ残っているのです。もともと、とても小さな橋だったようです。

↓これが終点の備前橋です。

20130429_p1830009_2

20130429_p1830010

↑この備前橋も今は公園の中に、その一部が保存されているだけです。

さて、この橋まで辿りついたのは何人で、無事に渡り終えたのは誰だったでしょうか(^^) 詳しくはコチラ→「花ざかりの森・憂国」三島由紀夫著にて~ 短編集になっておりますよ~♪

この七つの橋にまつわる物語は他にもあるらしいです。「汐留川」杉山隆男著 これは、ボートで築地川に出て、橋渡りをするという趣向になっているようです。また、「御宿かわせみ」平岩弓枝著では「三つ橋渡った」という作品の中で備前橋が出てきます。

物語の中に出てくる景観は、今では、もう川すら残っていませんが、作品の中で、川も橋も生き残っているのだなぁと思うと、言葉で景観を残すということが、実はとても素敵なことなんだと思えてなりませんでした。

橋づくしは、これで終わりです~。

20130429_p1830011

↑築地本願寺です。日本お寺と思えないような建物です。古代インド様式を取り入れたものなのだそうです。ここでは五十年に一度、大々的な法要がされるそうで、今年はその年にあたるらしく、「築地本願寺親鸞聖人七百五十回大遠忌法要御満座に際しての消息」が発布されたとかで、大勢の人が集まっていました。

20130429_p1830014

ユルキャラさん達も集まってました(笑)

20130429_p1830015

チーバ君はやはり横から写さなきゃですね~(^^) どです? 千葉県地図に見えます?

次回、前半②では、銀座方面に向かいます~


« 四歳になったもんね~ | トップページ | ゴールデンウィーク2013 前半② »

ちょこっとお出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529718/57331193

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンウィーク2013 前半①:

« 四歳になったもんね~ | トップページ | ゴールデンウィーク2013 前半② »

いただきもの

  • 交叉軌道
    こちらには、いただいた素敵なイラストを置いてあります~

御世話になっているサイト

  • ネット小説情報局さま
  • 小説の匣さま
  • アルファポリスさま
  • 小説家になろう 様

参加・協賛サイト

  • オンライン文化祭2010
  • 「小説家になろう」公式企画
  • 犬祭
  • 空想科学祭2010
    空想科学祭2010
  • 第2回恋愛ファンタジーコンテスト
  • 第2回茶林杯1000文字コンテスト
  • 空想科学祭2009
    空想科学祭2009
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30