サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

招夏の運営するホームページ

  • エメラルド☆ファンタジア

招夏のオリジナル小説&童話

  • エメラルド☆ファンタジア 作品ページへ

絵本の森

イラスト

  • 烈火剣 石摺り
    なんだかイラストを描き始めた招夏です 覗いてやってください(^^ゞ

フーカフカ~

  • クリスマスですよ~♪
    招夏んちのウサギばかりのアルバムです。 暇つぶしにどうぞ(^^ゞ 名 前:フーカ 性 別:♂ 種 類:ホーランドロップ 誕生日:21.April.2009 出生地:静岡 性 格:やんちゃ、俺様

惑星ハルシリーズ(植物集)

  • シオン
    惑星ハルシリーズ「宙の船 流転の岸」「海の宝玉 蒼穹の欠片」「光の砂漠 闇の迷宮」に登場する人物の名前の由来となった植物群を集めています。

Twitter

  • 招夏の独り言
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

読後感想文…のようなもの

2010年10月23日 (土)

空想科学祭2010読了レポート(2)

現在、開催されております空想科学祭2010において、掌編、短編、中編、長編と分かれているうちの、中編、長編作品の読了したものについて、少しばかり感想などを記してみたいと思います。

中編に関しては、あまりにも作品数が多いこと、長編に関しては、あまりにも文字数が膨大なことを理由に、勝手ながら、まず最初の一章を読み、その先を読みたいかどうかで選別させていただき、更にその中から心に残ったものを記しました。だから、後半から面白くなるものもあるのに、身落としているという可能性があります。

読了レポート(1)でも記載しましたが、ここに書いてあることは、あくまでも、招夏の独断と偏見に基づいた感想なので、参考程度に受け止めていただいて、是非、会場にお運びになってご自分の確かな目で確認されることをおススメします(^^ゞ会場はこちら→空想科学祭2010 (作品置き場)

(中編部門)

消えゆく明日の片隅で 矢津矢車さま作

ある日、道を歩いていた「晴登」は見知らぬ男に声を掛けられる。 「世界が終わる――」 と……、やがて、密やかな足音と共に少しずつ何かが変容していく。そして、「晴登」を包んでいたはずの日常は、少しずつ崩れ去っていくのだった。

(感想)これは怖いですよ~。SFでこんなに怖い思いをするとは思っていませんでした。怖いと言ってもグロとかスプラッタとか一切ないです。しん、と底冷えのする怖さ。日常が崩れて行く中で、最後に残った光の残照が、ほの甘く切ないラストです。

火星に木を植える男 壇敬さま作

「宇宙工学的生命維持装置」の理論を提唱し開発した男の紆余曲折した半生を描いた作品。

(感想)最初の開発にまつわるドタバタが少し長いような気がしますが、ぐっと引きこまれてしまう作品です。

辺境ドーム1779 鳥野 新さま作

かつてはエネルギーストーン採掘で栄え、奇跡の宝石箱と呼ばれた1779ドームも鉱物の枯渇とともに衰退し今はさびれた辺境のお荷物ドームと成り果ててい る。そこにやってきた天才科学者リード・エザキと新しく司政官に就任したアルフレッド・プライス、そして事件が動き出す。

(感想)これは面白いですよ~。メインキャラがそれぞれにすごく個性的で、イメージしやすくとても読みやすいです。リード氏は私の脳内では缶コーヒーのコマーシャルをしている唐沢寿明になっていました(笑)。BLと銘打たれていますが、不快な描写はありません。おススメの逸品です。

リターン・トゥ・マイライフ あゆみかん様作

あの時、もしも勝っていたなら、違う人生を歩いていけたかな――システム開発株式会社『MAGITEC』、通称『魔界』と呼ばれたその 会社内では、あるプロジェクトが進行していた。

(感想)もしも、あの時ああしていたら…。それは誰もが考えること。それをゲームにするなんて……。なんだか妙に癖になる語り口の文体なのです。小ネタの多さ、小道具の多彩さには目を見張るものがあります。

(長編)

八雲レポート 和尚さま作

女・若葉がある日の夜、病院帰りにに出会った謎の少年……その正体は、なんと未来人!? しかも、この時代に来た目的は……自由研究!? それからというもの、色々な意味で規格外のこの少年に振り回される日々。

(感想)主人公の八雲くんがかっ飛んでます。ヒロインの若葉も何気に超人してます。すっきり爽快な読み口です。

燕と夜叉 俊衛門さま作 R15

異星からの侵略者「仮性体」。天使と夜叉の名を冠する彼らに空を奪われ、地上に磔にされた人類。最後の手段として人は、倫理も尊厳も全てかなぐり捨てて" 夜叉"たちへの牙を生み出した。希望、あるいは兵器として造られた子供たち。 その一人。燕玲と育ての親となった潘金麗の物語。

(感想)これは……感動、その一言に尽きます。健気で強い燕玲、強そうで実は脆い金麗、そして謎の男アミヤ。登場人物(仮性体を含む)の全部がどこか歪な部分を抱えているのに、全部を合わせると完璧で壮大な物語が浮かび上がるという感動作。おススメです。

さんぶんのいち じょーもん様作 R15

人口密度稀少域特例総合司法官保志。 その任務は、 ①捜査・逮捕,②立件・裁判・量刑確定,③刑執行の本来、別の三つの司法機関に委ねられるべき『人を裁く』権利を行使することが出来る職位にある。

(感想)これは、是非時間のある時にゆっくり読んでいただきたい作品。キャラや舞台設定の情報量がハンパないです。○本新喜劇とか渡鬼とかにも通じるような、ロングランおめでとーと言いたくなるような、そんな作品です。個人的には、AIの癖に快楽を求めてやまないセレが好き……なような気がします(^^ゞ

これにて空想科学祭2010に関しての読了レポートはおしまいです。ここに掲載させていただいた作品の作者様方、万が一、何か不都合な点等ございましたら、ご連絡くださいませ。早々に訂正させていただきます。

今年は、全体的にレベルが高かったな~と言うのが感想です。(もちろん、自分は棚上げ済みですよ~(笑))。作者としても読者としてもバッチリ楽しませていただきました。

最後に、空想科学祭を企画された天崎さま、ならびに空想科学委員会の皆さま、お疲れさまでした。このような場を提供してくださったことに感謝いたします。(まだ、一週間あるので、少し気が早いですね(^^ゞ)

招夏

2010年10月 8日 (金)

空想科学祭2010読了レポート(1)

現在、開催されております空想科学祭2010において、掌編、短編、中編、長編と分かれているうちの、掌編、短編についてのみ全作読了しましたので、心に残った作品について、少しばかり感想などを記してみたいと思います。

ちなみに~、ここに書いてあることは、あくまでも、招夏の独断と偏見に基づいた感想なので、参考程度に受け止めていただいて、是非、会場にお運びになってご自分の確かな目で確認されることをおススメします(^^ゞ会場はこちら→空想科学祭2010 (作品置き場)



(掌編部門)

変人の穴
 栖坂月さま作

ある日、行き詰った主人公の部屋に不思議な穴が……

(感想)日常に突然降ってわいた不思議な出来事。私は、こういう、日常に潜む不思議が好きです。惑星レベル、国レベルで起こる事件よりも、ずっと身近で、本当にありそうじゃないですか。そこが好きです。

The melancholic of smoker and bookman ~喫煙者と読書家の憂鬱~ 武倉悠樹さま作

現在から世紀をいくつも超えた未来。科学によって、すべてが満たされた十全な遠い未来のお話

(感想)内容ももちろん、色々考えさせられて良いのですが、なんといってもこの小説に漂っている空気が良い。少しメランコリックでノスタルジック。超未来の話なのに……

(短編部門)

I,Robot 真崎優さま作

人類がロボットを作り出してから三百年後。 ロボットたちは自らの都市を築き、創造主たる人類の手を離れる。 彼らは進化を重ね、人類では到達しえなかった高みへと登っていく。
 
(感想)ロボットの更なる進化の為に感情を持たされた有機型ロボット、トッカが主人公のお話。トッカが感情を獲得していく過程が、丁寧に、穏やかにつづられています。

ラムダと約束を 虹鮫連牙さま作

人間の道具でありたくないと願う機械「ラムダ」と、人間の道具であって当然だと言う機械「カーサス」。二人はある約束をする。

(感想)機械でありながら、その存在意義を議論し合う二機が、最終的に一つの目的を叶える為の意志を獲得するまでが、無理なく無駄なく丁寧に描かれています。読み応えアリ。

キッチンドランカーvs冷蔵庫 栖坂月さま作

最愛の我が子を失って酒に溺れる妻。それを何とかしようと旦那が購入したのは……冷蔵庫だった……

(感想)これは、もう読んでみてくださいとしか申しません。私は何度も吹きだしてしまいました。ただ、私的に残念だったのは、最後が、少々、黄昏てしまう結末だったことです。まぁ、これは好みの問題だとは思いますが(^^ゞ

謎のツーハン帝国の野望 小田中 慎さま作

セッセンはツーハンの巨大企業。これに戦いを挑むのはセッセンに人生を台無しにされた転落者たち。満を持した彼らは憎きセッセン月面本社を襲撃する。しかしそのウラには?

(感想)これも、吹きだしてしまう要素満載の作品。ちらりっと映画の「大逆転」が頭をよぎりました。あれ?これくらいではネタばれしてないよね?ちらりっとよぎるだけだもんね。面白いです。

バルからゴキヘ。 84gさま作

近未来の中流家庭。 多機能メイドロボを購入し、古い調理マシンが不要となり、データを消去して下取りへ出すつもりが……愛に狂ったメイドロボによる復讐が主人公を襲う。

(感想)テンポよく進むお話。個人的には、めちゃめちゃ前向きな主人公の少年がアニメの元気いっぱいキャラとかぶって、読んでいる間中、そのキャラの顔が頭の中で大暴れしていました(笑)え?なんのアニメかって?「デ○モン セイバーズ」のマサルなんですけど、これってメジャーなのかなぁ?マイナーなのかなぁ?

マリッジ・ホワイトスワン 虹鮫連牙さま作

名前はホワイトスワン。性別は女性。とある財閥のお嬢様。再来週には結婚を控えている。そんな彼女が、花嫁修業をしたいと言い出した。

(感想)これは良作です。笑いあり、しんみりあり、明るい未来への予感ありで、卵状のホワイトスワンさんが健気です。

追記 ここに掲載させていただいた作品の作者様方、万が一、何か不都合な点等ございましたら、ご連絡くださいませ。早々に訂正させていただきます。 招夏

2010年9月10日 (金)

@犬祭「犬の読書室」全作品読了~

「犬祭」2010年8月15日(日)~9月19日(日)の会場から今、戻ってきたところです~

読んだ読んだ、読みまくりました。短編が多いので、割とすぐに全作品制覇なるだろうと思っていたら、これが結構かかるもので……(^^ゞ。とにかく、「犬の読書室」を制覇しました。当然、すべてが何らかの形で犬に関しているお話ばかりです。

今回、私は読み専なので、自分のことを棚上げする必要もないので、読者として好きなように感想を書いてみたいと思います。全体的に言うと、どれも作品レベルが高くて、はずれがない。笑いあり、涙あり、エ○あり…むにゃむにゃ

以下、招夏のおススメの小説をいくつかピックアップさせていただきたいと思います。

①いまだに面妖 ~天狗の予言~ 道三さん作
 親子の情が分からないと言いつつ、実は、メチャメチャ心やさしき天狗のお話

②「新世紀ビジネスドッグ学園 ~もしも飼い犬がドラッカーを読んだら~」 ≪前編≫&≪後編≫ sleepdogさん著
 五秒に一度は吹きだす面白さ。だけど、実は爽やかな青春小説。面白いよ~

③ともしび 梅(b^▽^)bさん著
 アイドッグという機械犬のお話。あなたの心に灯をともします。

④タックス・フント BUTAPENNさん、山仙さん著
 うーんと、うならせられる作品群、全六作。お二人の共作。ある意味パラレルワールド。強烈な皮肉で、社会に鋭く切り込みます。

⑤おじいちゃんのヒミツ ナノハさん著
 苦手なおじいちゃんと、かわいく思えない犬の、素敵な素敵なヒミツ。爽やかな作品です。

本当は、もっともっと紹介したいものだらけなのです。例えば、ここでは上げなかったエ○チックなものとか……むにゃむにゃ……とりあえず、爽やかだった五作をおススメしたいと思います。後は、会場にてお楽しみください。サクサクっと読めるものが多いです。会場はこちら→犬祭2010

人気投票開催中だそうです~(投票締切は9/19まで)

20100903_p1030274
犬じゃないけど、オイラも写真館に出てるんだよ~ byフーカ
フーカ、リード踏んで、しかも指の間に食い込んでるよ? by招夏
ん?気にすんな。ちいせーことだぜっ byフーカ

いただきもの

  • 交叉軌道
    こちらには、いただいた素敵なイラストを置いてあります~

御世話になっているサイト

  • ネット小説情報局さま
  • 小説の匣さま
  • アルファポリスさま
  • 小説家になろう 様

参加・協賛サイト

  • オンライン文化祭2010
  • 「小説家になろう」公式企画
  • 犬祭
  • 空想科学祭2010
    空想科学祭2010
  • 第2回恋愛ファンタジーコンテスト
  • 第2回茶林杯1000文字コンテスト
  • 空想科学祭2009
    空想科学祭2009
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30