サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

招夏の運営するホームページ

  • エメラルド☆ファンタジア

招夏のオリジナル小説&童話

  • エメラルド☆ファンタジア 作品ページへ

絵本の森

イラスト

  • 烈火剣 石摺り
    なんだかイラストを描き始めた招夏です 覗いてやってください(^^ゞ

フーカフカ~

  • クリスマスですよ~♪
    招夏んちのウサギばかりのアルバムです。 暇つぶしにどうぞ(^^ゞ 名 前:フーカ 性 別:♂ 種 類:ホーランドロップ 誕生日:21.April.2009 出生地:静岡 性 格:やんちゃ、俺様

惑星ハルシリーズ(植物集)

  • シオン
    惑星ハルシリーズ「宙の船 流転の岸」「海の宝玉 蒼穹の欠片」「光の砂漠 闇の迷宮」に登場する人物の名前の由来となった植物群を集めています。

Twitter

  • 招夏の独り言
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

いちごをつみに

                   いちごをつみに
                         ぶん 招夏、え 小春

Upi00_2
暖かい春の日差しがふりそそいでいます。うさぎのミミちゃんは、ふといいことを思いつきました
Upi01a
仲良しのうーぴをさそって、いちごをつみに行ったらどうかしら?真っ赤な宝石のような野いちごでタルトを作ったら、うーぴはきっと喜ぶはずです。
Upi02
おとなりのうーぴは、たれ耳の元気なうさぎの男の子です。でも、お寝坊なのが玉にきず。さそいに行ったら、やっぱり寝ていました。
Upi04
ミミちゃんはうーぴのフカフカの体をゆすったり、くすぐったりして起こします。
Upi04_0001眠いんだよ~ なんなのさ~
Upi05
野いちごをつみにいこうよう。あまーくておいしいタルトを作ってあげる。
Upi06
うーぴはタルトと聞いておおよろこびです。ミミちゃんのタルト、大好きなんだ~。
Upi07
うーぴを先頭に、二人は森へ向かいます。
くんくん ふんふん
うーぴは鼻がとても良くきくのです。 
こっちー
Upi08
あ!あったー
うーぴの指さした方を見ると にょきにょきにょき タケノコがはえていました。二人でタケノコのやわらかな穂先をつみました。

Upi09
さらに歩いて行くと、
あ!あったー
今度はミミちゃんが指をさしました。あたり一面のクレソン畑です。二人はみずみずしいクレソンをたくさんつみました。

Upi10
クレソン畑の向こうには、森が広がっています。昼なお暗い深い森です。ミミちゃんとうーぴは、ぎゅっと手をつなぎました。ちょっぴりこわかったんです。
Upi11
森の中はひんやりとしていて、木の良い匂いがします。うーぴは自慢の鼻をくんくんさせました。
Upi12
こっちこっちー
うーぴが駆けだしたので、ミミちゃんも走ります。
ありました。たくさんの野いちごです。朝つゆをのせた赤いつぶはキラキラ輝いて、ルビーみたいです。

Upi13
二人は夢中で野いちごをつみました。もっとも、つんだうちの2こに1こは、うーぴの口の中に消えていましたけどね。

Upi14

うちに帰ると、ミミちゃんは、はりきって、たくさんのごちそうを作りました。つみたてのクレソンサラダにタケノコご飯、そしてもちろん、とびきりみずみずしくて、あまーい野いちごのタルトもね。

                                                                                   FIN

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529718/51209232

この記事へのトラックバック一覧です: いちごをつみに:

コメント

こんばんはー!
まあまあ、なんて可愛いんでしょう~!!!
美味しいものを探しに、お友達と一緒に森へ行く…。私、絵本が大好きなんですけど、こういう展開は本当に好みです。わくわくしますよね。
小春ちゃんが描かれた絵も、とっても可愛くて、わかりやすくて、生き生きとしていました。表情がお話にぴったり!
最後のタルトは本当に美味しそう♪綺麗に並んだ野いちごは、食べてしまうのがもったいないくらい!!
うーぴもミミちゃんもとっても可愛くて、ほのぼのさせていただきました。
これは続編が読みたいなぁ。。
素敵な作品をありがとうございました!

こんばんは ナノハさん

素敵な感想をありがとうございました。
このお話のペースは「鴨とりごんべぇ」だなぁ、と密かに思っています(笑)。次々に起こる幸運。今日本に一番欲しいものですよね。一日も早い日本の回復を願ってやみません。

>とっても可愛くて、わかりやすくて、生き生きとしていました。
ありがとうございます。小春に伝えておきます(^^)/

かわいい~。おいしそう~。
おいしそうな食べ物が出てくる絵本が大好きです。材料を野原でさがして、家で料理するって、なんてぜいたくで、でも今の時代には遠くなってしまった幸せでしょう。
小春ちゃんの描く絵が、とてもすてき。うさちゃんたちも可愛いけれど、カバンの模様や、たけのこや、木のテーブルが、細部までしっかりと描けているんです。
ぜひ、これからも母娘タグを組んで、たくさんの絵本を生み出してください!

こんばんは butapennさん

素敵な感想をありがとうございました。
白状すると、私、本物の野いちごを見た記憶が幽かにしかないんですよね(おいおい)。九州の片田舎に居た頃、まだ就学前のころに、家へ帰る道の途中の竹藪に野いちごがあったような気がするんですけど、あれは確かに野いちごだったのか、別物だったのかの記憶が曖昧なんですよ。ちゃんと本物を見てみたいなぁ。

小春の絵をお褒めいただき、ありがとうございます。小春に伝えておきますね。

親子共演…じゃなかった、合作だったんですね!
すごい~!!
かわいいお話でした。招夏さんは絵本もお上手ですねぇ。うらやましい!
小春ちゃんの優しいイラストが、またこのお話にぴったりで♪
将来が楽しみですっ。

そういえば筍のシーズンでしたね。
忘れてました^^;

こんにちは りいさん

素敵な感想をありがとうございました。

最初、絵も自分で描いていたんです。簡単なスケッチと文を書き留めていたら、娘がやってきて「なに?この幼稚園の子が描いたような絵は…」といいやがったのです(-゛-メ)。ならば君が描きたまえ、ということで、小春が誕生したのでした。はは(苦笑)

タケノコ大好きなんですよ~、糠で茹でるのはめんどくさくて嫌なんですけどね^^;

 拝読しました。

 親娘競演というのが、素敵です。 お嬢さんの小春というハンドルネームもいいですね。 招夏さんのハンドルネームに合わせて考えたというところに、おふたりの素敵な関係を見た気がします。

 色使いも優しく明るく、ほのぼのとしました。 キャラの表情もいいんですよね~。 ちょっとコミカルでメルヘンで。 ミミちゃんとうーぴがお散歩で動いていくなか、小さな驚きや喜びが次々コロコロと現れてくるさまは、本当に楽しげで、この本を見る沢山の子供たちや大人たちにも、コロコロと幸せがやってきますようにって、言いたくなりました。

 野いちご…… もうすぐ時季ですね。 梅(b^▽^)b は子供の頃、あのマズ~いヘビイチゴ、食べましたよ。 何でも口に入れる子供でしたから。 当然、即行 吐き出しました(^^ゞ

 なろうの[野いちご] も楽しみにしています。

追伸:遅ればせながら、お嬢さん、 HappyBirthday!
    フーカちゃん、客演なしですか~?

こんにちは 梅(b^▽^)b さん 

読んでくださってありがとうございました(喜っ)
実は小春は、犬祭の時のフーカのコスプレにも協力してくれていたので、その時には小招夏というHNで登場していたのです。そうしたら、今回あれは嫌だと拒否られました^◇^;。まぁ、確かに三月には夏という文字は合いませんものね。

ヘビイチゴ、試したんですかっcoldsweats01。私も何かと野の草を口に入れる子どもでしたよ。ナズナとかひよこ草(ハコベ)とかレンゲソウとかね。(レンゲは結構イケます(^^))しかし、ヘビイチゴはないなぁ(^^ゞ、やっぱりヘビという文字がついていたからって気がします。

>お嬢さん、 HappyBirthday!
ありがとうございました~。小春に伝えておきますね(^^)
フーカの客演ですかぁ、考えてなかったなぁ。もっとも、うーぴのモデルがフーカなんですけどね(笑)。客演ってのもいいですね。そのうちに考えてみるかな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

いただきもの

  • 交叉軌道
    こちらには、いただいた素敵なイラストを置いてあります~

御世話になっているサイト

  • ネット小説情報局さま
  • 小説の匣さま
  • アルファポリスさま
  • 小説家になろう 様

参加・協賛サイト

  • オンライン文化祭2010
  • 「小説家になろう」公式企画
  • 犬祭
  • 空想科学祭2010
    空想科学祭2010
  • 第2回恋愛ファンタジーコンテスト
  • 第2回茶林杯1000文字コンテスト
  • 空想科学祭2009
    空想科学祭2009
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30